So-net無料ブログ作成
アクセスカウンター
マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!
メッセージを送る

就活費で酒、たばこ…「公設派遣村」悪質入所者に返金要求へ [ニュース]

 年末年始に住居がない失業者に宿泊場所や食事を提供する東京都の「公設派遣村」で、一部の入所者が就労活動のため都から支給された現金を酒代やたばこ代に使い、施設内で禁止された飲酒などの問題行動を取っていたことが6日、分かった。都はすでに泥酔状態となった男性1人を退所処分にしたほか、悪質な入所者には退所時に支給額と領収書の差額の返金を求める方針。

 派遣村は5日、国立オリンピック記念青少年総合センター東京都渋谷区、4日に閉所)から大田区の都の臨時宿泊施設に移転。都は入所期限の18日までの就労活動用の交通費と昼食代として、入所者1人当たり計2万2千円を支給した(562人、総額約1236万円)。ところが、多くの入所者が活動費を受け取った直後に近くの小売店で酒やたばこを購入していたことが判明。店員は「朝から1万円札を握りしめた入所者が大勢並んで買い物に来ている。たばこがかなり売れ、酒やスポーツ紙などを購入する人も少なくない」と証言した。60代の入所者の男性は「都に提出する領収書がいらない交通費に出費したことにして帳尻を合わせたい」と話した。

 複数の入所者によると、移転した5日夜には酒を飲んだ入所者が騒ぎ、荷物が盗まれるといった騒動が発生。「みんな殺気立っていたが、現金を渡されたことで静まった」と30代男性は振り返った。施設では飲酒を禁止しており、発覚すれば退所処分となる。

派遣村は午後4時半が施設に戻ってくる“門限”となっているが、6日は午後8時を過ぎても約100人が戻っていなかった。

 一方、都は6日、施設で生活保護説明会を開催。23区と八王子市の担当者が入所者と面談を行ったほか、就労支援のため1時間置きに最寄り駅まで送迎する貸し切りバスを用意。入所者の朝夜食に1食当たり約500円の弁当も支給した。都の当初の派遣村予算は6千万円だが、関係者は「予算を大幅に超えることは確実」と話す。

 職場を解雇され、インターネットカフェを転々としていた男性(46)は「就労活動のふりをして時間をつぶしている人もいる。本当に困窮している他の入所者が迷惑している」と語った。

産経NEWS


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

50リンクGet
むちむちアイドルファン
小池凛
大西杏奈特集
グラビアアイドルの宝庫
PS3のソフト
キャッシングなび
おまとめローン特集
キャッシングの審査について
金融特集・消費者金融
キャッシングローン特集
信販系のキャッシングなど
主婦のためのキャッシング
キャッシング比較・キャッシングローン
悪性脱毛症
キューティクル
ザクロエキス末
雪肌精
チロシナーゼ
酵母エキス
毛穴
毛母細胞
トリートメント
頭皮マッサージ
ロゲイン
ケトコナゾール
金融市場
アロエ育毛
びまん性脱毛
アイフル
大豆イソフラボン
産毛
アデノシン
円形脱毛症
5αレダクターゼ
育毛
育毛シャンプー
亜鉛酵母
コルテックスメディラ
育毛サロン
薄毛
ミレットエキスプレミックス

ダメージヘア
JCB
プロミス
ライフカードのカード
メイクアップ化粧品
バブル崩壊と金融危機
アコム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。