So-net無料ブログ作成
アクセスカウンター
マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!
メッセージを送る

大卒で大工を目指す、そんな建設会社の採用が人気 [就職]

静岡県沼津市にある「平成建設」という建設会社が学生に人気だそうです。
高学歴の大工集団を育成している同社の門をたたく学生が増えているとのこと。


国内で公共事業の投資対効果が悪化し、公共工事を手掛けている建設会社がどんどん倒産していく中で、静岡にある「平成建設」という会社は好調な業績を維持しているそうです。今、新卒採用の世界では、この建設会社への応募が増えてきているそうです。


この「平成建設」という建設会社のユニークな点は、人材採用に非常に力を入れているという点です。具体的には大卒者を採用し、大工や職人へと育成をしているとのことで、徒弟制度が言われるこの世界の中では非常に珍しい事例であり、注目を集めているようです。


平成建設のトップである秋元社長は、「中小企業はニッチな世界の金メダルを目指せ」「ものづくりを真剣に考える一流の大工を育てる」など、独自の経営哲学を貫いているようで、このような時勢だからこそ、こういったブレない姿勢、本質を定めた経営方針に人気が集まるのでしょうか。


平成建設のWebサイトでは、自社の特長を「自分の夢の実現」、「大胆な経営判断と成果」などこの業界ではとても珍しいような表現も見られます。こういった芯の強い会社、芯の強い経営者に、人は集まるということなのかもしれません。

■「大卒を大工に」入社希望殺到、沼津の「平成建設」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091203-00000012-mailo-l22

<転職業界NEWS>


採用を手控える企業が増加中。 [就職]

'07年の暮れに厚生労働省が発表した11月の有効求人倍率(季節調整値)は0.99倍で、4カ月連続で低下し、2年ぶりに1倍を下回った。新規求人数も11カ月連続で減少しており、特に中小企業が求人を減らした影響が大きい。原油高などの影響で経営を圧迫された企業が、採用を抑えている結果が表れたのだろうか。

そもそも有効求人倍率とは、月間の有効求人数(先月から繰り越されている求人数と新しく発生した求人数)を有効求職数(同じく先月から繰り越されている求職数と新しく発生した求職数)で割った数字である。求職者ひとりが何社の企業を選択できるかという目安となり、景気動向を理解するひとつの指数として参考とされる。バブル景気崩壊後の1992年10月から2005年11月までの長い間、1倍を下回っていたがそれ以降は1倍を超え続けていた。

報道されている数字だけを見れば、有効求人倍率は1倍を割っているが、全国平均ではなく東京・愛知・大阪の三地域に絞った有効求人倍率の平均を調べてみると、1.48倍(月刊チャージャー編集部調べ)と企業の採用意欲がなくなっているわけではないようだ。とはいえ、楽観できるような情勢でもない。

株安や円高の影響が長引けば日本経済のさらなる減速は否めない。となると、企業が求人を手控えるのは火を見るより明らかであり、就職氷河期ならぬ“転職”氷河期なんていう事態も起こりうる。手遅れになる前に、今からでも行動してみてはどうだろうか。
【転職コラム・カイシャ非常口への階段より】

国際宇宙ステーション搭乗宇宙飛行士募集 [就職]

宇宙航空開発、研究を行う宇宙航空研究開発機構(JAXA)では、
10年ぶりとなる新たな宇宙飛行士候補者の募集を行うとしています。


10年ぶりとなる宇宙飛行士の募集、
応募受付期間は2008年4月1日から6月20日まで(予定)だそうです。


今回の募集では宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟の
運用・利用を確実に行うため現状に加えた搭乗員を募集するとしています。


さて、仕事内容としては、最長6ヶ月程度
国際宇宙ステーション(ISS)に搭乗し、ISSと「きぼう」日本実験棟の
運用・維持を行うとともに、宇宙環境を利用した様々な実験・研究を担当します。


日本が誇る科学最先端の実験装置を携えて、
微小重力を利用した実験、生命科学に関する実験を行うそうです。


具体的な募集要項は4月に発表となりますが、
現時点では求められる資質として以下のような内容が示されています。


<求められる資質>

・チームの一員として共同作業を遂行できる能力や協調性
・異なる文化・価値観に対する敬意
・優れたコミュニケーション能力
・精神的肉体的ストレス環境下での適切な判断力と行動力


日本を背負う、世界を背負う、人類の未来を背負う、
人生の価値観をも変えてしまうかもしれない、何とも大きな仕事です。


■宇宙航空研究開発機構(JAXA) 宇宙飛行士募集
http://iss.jaxa.jp/astro/select2008/index.html

転職理由ランキング [就職]

リクナビNEXTの調べで転職時の理由「ホンネ」と「タテマエ」をランキングしたものがありましたので何かの参考までに。

【ホンネの転職理由】
1位  上司との人間関係  66人
2位  給与が不満足  44人
3位  仕事に変化がない、おもしろくない  40人
4位  会社の経営方針・経営状況の変化  38人
5位  キャリアアップしたい  38人
6位  労働時間や環境に不満  32人
7位  社長がワンマン  26人
8位  同僚・先輩・後輩との人間関係  25人
9位  社風が合わない  23人
10位  雇用形態に不満

【タテマエの転職理由】
1位  キャリアアップしたい  127人
2位  仕事に変化がない、おもしろくない  58人
3位  会社の経営方針・経営状況の変化  48人
4位  労働時間・環境に不満  38人
5位  給与が不満足  25人
6位  上司との人間関係  21人
7位  勤務地までの距離・環境に不満  18人
8位  社風が合わない  14人
9位  雇用形態に不満  10人
10位  昇進・評価制度に疑問  8人
10位  転勤・異動を含む人事制度に疑問  8人

<リクナビNEXT調べより>


日経新聞の毎年恒例就職人気企業ランキング [就職]


日経新聞に毎年恒例の就職人気企業ランキングが掲載されていたアンケート調査の対象は大学3年生(2009年4月入社予定)となっています。
毎年恒例の就職人気企業ランキング、
学生の視点から見た人気企業のバロメーターとも言えます。
この大学3年生を対象とした就職人気企業ランキング、
一般消費者への社名認知度の高い企業が多くランクインする傾向があります。
特に誰もが知っている消費財メーカーや、自ら商品、サービスの価値を経験している
企業の名前が良くあがってきます。
逆で考えると、B to B型の企業がランクインするケースは結構少ないと思います。
一般消費者向けでなく、法人向け製品、サービスに特化した企業がそれにあたります。
例えば、液晶テレビのフィルム、自動車の各種部品などは企業規模が大型で、
優良と言われながらも意外と順位は低かったりします。

さて、2007年の大学3年生が選んだ就職人気企業ランキングは以下です。
■総合ランキング

1.資生堂 (昨年同時期の調査では3位)
2.ベネッセコーポレーション (昨年同時期の調査では11位)
3.全日本空輸 (昨年同時期の調査では1位)
4.三菱東京UFJ銀行 (昨年同時期の調査では6位)
5.伊藤忠商事 (昨年同時期の調査では17位)
6.ソニー (昨年同時期の調査では22位)
7.電通 (昨年同時期の調査では2位)
8.トヨタ自動車 (昨年同時期の調査では18位)
9.三菱商事 (昨年同時期の調査では8位)
10.サントリー (昨年同時期の調査では5位)

※調査期間2007/10/15~12/15
※サンプル数5799(男性2596/女性2803)

例年同様に大手企業が多く並んでいますが、
一部変化が起きているのは、コンサルティング会社、ベンチャーが少ない点。
日本の産業構造に未だ大きな変化は起きていないという意味でしょうか、
同じ企業が並び、学生の志向は堅実そのものと少し寂しいような気もします。
(転職NEWSより)


50リンクGet
むちむちアイドルファン
小池凛
大西杏奈特集
グラビアアイドルの宝庫
PS3のソフト
キャッシングなび
おまとめローン特集
キャッシングの審査について
金融特集・消費者金融
キャッシングローン特集
信販系のキャッシングなど
主婦のためのキャッシング
キャッシング比較・キャッシングローン
悪性脱毛症
キューティクル
ザクロエキス末
雪肌精
チロシナーゼ
酵母エキス
毛穴
毛母細胞
トリートメント
頭皮マッサージ
ロゲイン
ケトコナゾール
金融市場
アロエ育毛
びまん性脱毛
アイフル
大豆イソフラボン
産毛
アデノシン
円形脱毛症
5αレダクターゼ
育毛
育毛シャンプー
亜鉛酵母
コルテックスメディラ
育毛サロン
薄毛
ミレットエキスプレミックス

ダメージヘア
JCB
プロミス
ライフカードのカード
メイクアップ化粧品
バブル崩壊と金融危機
アコム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。